「有機微量元素分析総合研究施設(元素分析センター)」では、学内外からの受託分析を行っています。
有機微量分析は重要な定量分析法、純度検定法の一つで、主に合成化学物質の確認や天然物の化学構造の解明のために用いられる分析法です。安定した物質かつ純度の高いサンプルであれば高い精度で分析値を得られます。当施設での測定可能元素は炭素、水素、窒素、酸素、硫黄、ハロゲン(フッ素、塩素、臭素、要素)リンの10元素です。

分析依頼時のお願い

水素および炭素の含有量が極端な場合は、前後の試料の測定値に影響を及ぼすことがありますので概ね水素、炭素が2%以下または85%以上の場合は、大まかな数字で結構ですので(1%、2%、90%、100%等整数でも可)予想含有率のご記入をお願いいたします。

京都大学有機微量元素受託分析料金規程」が2020年4月1日より改正されましたのでご一読ください。依頼申込の際は本規定に同意したものとみなされます。
(分析料金の変更はございません)

新着情報/お知らせ